ブログのトップページへ移動

ネタ・思想

「幸せはお金で買えますよ。」は正しいのか?

 

幸せは お金があれば買えるのか?

 

この問いには、皆さん一人一人のなかにすでに答えがあるでしょう。

 

お金があれば幸せを買えるに決まってんじゃん

幸せはお金で買えない。お金で買えないものの中に幸せはあるんだよ。

などなど。

 

今回、タレントの「加藤 紗里かとう さり」さんの発言がキッカケ

この問いが注目されているようなので、私なりに真剣に考えてみました。

 

 

私の結論「幸せはお金で買い戻せる」

 

 

「やりたい事がある」時点で幸せ

 

幸せは お金で買えるのか?」について真剣に考えた、

私の前提の考えは「やりたい事があるのが幸せ」です。

 

ですが、大抵の「やりたい事」にはお金がかかります

 

「やりたい事」にはお金がかかる

 

「やりたい事」があっても、

お金と時間の問題で出来ていない人が私を含め世の中の大半です。

 

たとえば、

  • 美味しいものが食べたい
  • 旅行に行って美しい景色が見たい
  • いい服、アクセサリーを身に着けたい
  • ずっとゲームがしていたい
  • なにか楽しいことがしたい

などなど。

 

これらの「やりたい事」がある時点で幸せというプラスなのに、

お金と時間が無いことでプラスからゼロに戻されている

というのが私の考えです。

 

だから、「幸せはお金で買い戻せる」

 

もともと「やりたい事」があって幸せというプラスの状態から、

お金が無いことで実現できずゼロの状態になってしまっている。

 

それが、「お金」があれば、

「やりたい事」が実現できて幸せというプラスの状態に戻れる

 

これが私が「お金があれば幸せなのか?」について考えて出した、

お金があれば幸せは買い戻せる」という結論を出した理由です。

 

「お金があっても、やりたいことが無い人は不幸」

 

お金があれば幸せに決まってんじゃん

 

余談ですが、こういうことを言う人は「お金」にだけ注目してる気がします。

 

「お金」 と 「やりたい事」は、両方ないと意味がありません

 

「お金」があっても、

「やりたい事」が無い、もしくは全てやりつくしてしまった人

不幸だなぁ

と他人事ながら勝手に思ってます。

 

 

結局は「どう生きる」かという問題

 

 

その人が「幸福か不幸」だなんて、その人自身しか決められない

 

あの人、不幸だな

 

なんて、自分の幸不幸を周りから語られるのは仕方ないとして、

その幸不幸の判定に自分の考えが持ってかれるのはアホらしい

 

自分が「幸福か不幸か」なんて自分以外に決められるもんじゃないです

 

そんな周りからの「幸不幸の判断」に自分の考えが持ってかれないために、

「自分がどう生きるか」を改めて考えといたほうが有益なんじゃないでしょうか。

 

自分が「どう生きるか」を考えたほうが有益

 

お金があれば幸せなのか?」について考えてみた結果、

お金があれば幸せは買い戻せる」という結論に達しました。

 

ですが、「お金」だけでは駄目で、

同時に「やりたい事」があることが大事

 

そして、「やりたい事」を見つけるためにはどうすればいいか。

 

それは「自分がどう生きるか」を考えるべきだという結論にも発展しました。

 

改めて

「自分がどう生きるか」を

考えるキッカケになりました。

 

ここまで読まれた方もも改めて

「自分がどう生きるか」を考える機会を設けてみてはどうでしょう

 

 

 

 

最近の投稿

注目の記事


BookLive!で快適なマンガライフを。


楽天経済圏で少しでも お得に生活。


便利な「キャッシュレス決済」を紹介。

同カテゴリの人気記事

記事のシェアはこちらから

-ネタ・思想

© 2020 れしぇぐ