ブログのトップページへ移動

エンタメ

【ネタバレ注意】 賛否が分かれる結末『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。』

 

2019年7月からアニメ放送もはじまった

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。

 

この作品の原作である小説の結末は大きく賛否が分かれる展開となっています。

 

 

賛否が分かれる結末である「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。」

 

どんな結末を迎えるんだ?

という方のために、

どういった結末を迎え賛否が分かれているのかを解説していきます。

 

 

作品のネタバレを大いに含みますので、

アニメを楽しみたいので、先の展開は知りたくない!

まずは自分で原作を読んでから解説見るわ!

という方は、以下のリンクからアニメや原作の小説をお楽しみ下さい。

 

*アニメはU-NEXTで独占配信中

U-NEXT 「アニメ:うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。」作品ページ

*本ページの情報は2019年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

まず原作の小説を読みたい方はこちら!

 

「ほた。」さんの描かれるラティナが可愛すぎるマンガもオススメです!

 

以下、ネタバレ防止のための空白。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的には”娘”と結婚する結末を迎える

 

 

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。」は、

保護者である冒険者デイル と 娘である少女ラティナ が結婚する結末を迎えます。

 

個人的には、結婚の結末に至る過程を読み

幸せになれよ!

このバカあまカップルが!!

と思ってしまう納得の結末

 

ですが、この結末に賛否が分かれることも分かります。

 

賛否が分かれる原因として考えたことがあるのですが、その前に

2人の関係が変わる出来事を2人の年齢と共にまとめてみたのでご覧ください。

 

 

デイルとラティナの関係が変わる出来事と2人の年齢

 

出来事と年齢、小説の巻数の一覧

出来事デイルの年齢ラティナの年齢小説の巻数
2人の出会い18歳7歳1巻
デイルの故郷への長旅20歳9歳2巻
ラティナの告白25歳14歳3巻
デイルの意識の変化4巻
婚約26歳15歳5巻
デイルの魔王への復讐推定26~28歳推定15~17歳6巻
甘々な日常7巻
結婚推定29歳推定18歳8巻

 

2人が婚約した以降の年齢は、作中で年齢描写が無いため推定としています。

 

結婚した年齢をラティナ18歳と推定する理由は、

2人が活動しているラーバンド国では18歳以上が成人として認められるため。

 

ですので、デイルとラティナは

出会いから11年後に結婚、11歳差の夫婦となった

と私は思っています。

 

出会いから11年後に結婚した、11歳差の夫婦

 

年齢が一回り違う夫婦なのか

 

現実でも夫婦で年齢が一回り離れているということは、

多くはないですがあります。

 

個人的には、20歳前後も年齢が離れているとなれば

「それはちょっと・・・」

となってしまいそうですし、一般的な感覚としても同じだと思います。

 

ですが、10歳前後の年齢差の夫婦ということであれば、

あまり違和感なく受け入れられるものではないでしょうか。

 

ということで、

「2人の年齢の差」というもので賛否が分かれているものではありません

 

そこで、賛否が分かれる原因として考えたのは、 むすめ(こ)という言葉の捉え方の違い

 

 

「娘」という言葉の捉え方の違いによって賛否が分かれる

 

 

保護者デイルラティナ という関係からはじまる2人

 

この「娘」という言葉を

  • 「自分の子供」としての娘
  • 「男ではない異性」としての娘

どちらとして捉えるかによって賛否が分かれると思います。

 

 

序盤は「自分の子供」として感情移入しがち

 

序盤は特に「自分の子供」という観点で感情移入する人が多いと思います。

 

出来事で言うと「2人の出会い」~「ラティナの告白」までの部分

 

小説で言うと1巻~3巻。

マンガだと現在(2019年7月)既刊の5巻でも、まだこの部分ですね。

 

アニメは放送中なので分かりませんが、全12話を使って

このあたりまでを映像化するのではないでしょうか。

(なので「2019年夏以降 なろう系アニメまとめ」の記事では

「親バカ」系のアニメだと紹介しました。)

 

ここまでは、デイルもラティナを本当の娘のように可愛がり親バカを発揮します。

 

 

中盤からは「自分の子供」として見ると、気持ち悪い

 

 

中盤の「デイルの意識の変化」からは、自分の子供という観点だとつらくなると思います。

小説だと4巻以降。

 

ここからは、「娘」が

「自分の子供」という観点から

「男ではない異性」という観点

話の流れが変わっていくタイミングです。

 

 

小説1~3巻までは

 

デイル「娘が可愛すぎる」

読者「わかる」

 

デイル「初めて貰ったプレゼントなんて、周りに見せびらかしまくるほど尊い」

読者「すごくよくわかる」

 

と、共感を持ちながら読めていたものが、

4巻を超えたあたりで

 

デイル「娘が可愛すぎるから、もう嫁にするわ」

は?

 

と、唐突な裏切りを受けたかのように感じ、

この作品に対して否定的な立場になってしまうのかと思っています。

 

小説4巻以降はマンガ・アニメでは未描写の段階(2019年7月時点)

 

 

「娘」を「男ではない異性」として書かれていく小説4巻以降。

この部分は、マンガ・アニメともにまだ描かれていません。(2019年7月時点)

 

小説というモノは、良くも悪くも触れる人が少ないモノです。

ですが、マンガ・アニメというモノになると触れる人が増えます

 

そうなると、この作品に対して否定的な意見の人が増えることは明らか

 

ですので、少しでも作品を楽しめるように

「どういった観点」で読む・見ると否定的にならずにいられるかを提案したいと思います。

 

 

酒場の客のような立場でニヤニヤしながらだと楽しい

 

 

デイルとラティナが拠点としているのは、知り合い夫婦が経営している酒場です。

酒場なので、当然そこには客が来ます。

 

と、ここで提案です。

あなた自身が「酒場の客」という立場で読む・見ると、この作品は最高に楽しめます!

 

例えば、

デイルが少女時代のラティナを連れて帰った時は

「なんか坊主が小さい子を連れてきたぞ。隠し子か?」

 

デイルが娘かわいいと親バカを発揮した際は

「分かった分かった。娘が可愛いのはホントよく分かった!」

 

デイルがラティナを異性として意識しはじめたら

「娘じゃなくて1人の女の子として意識してんじゃねぇか」

 

と、ツッコミをいれるような第三者の立場だと楽しめる作品です。

 

ニヤニヤしつつ、

優しい気持ちで見れる作品なのでオススメです。

 

 

オススメと言われても、

ネタバレされた後に読むのはなぁ…

 

確かに「最終的には娘と結婚する」という結末はネタバレしましたが、

それ以外の要素はほとんど書いてません

 

例えば、

  • ラティナが幼いながらも故郷を追い出された謎
  • ラティナの正体
  • タイトルの「魔王を倒す」とは、どういう意味なのか?

 

これらの要素は作品を楽しむために必要ですが、

この記事では触れていません。

 

ですので、「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。」を

この記事を読み終わったあとに触れても充分楽しめます

 

是非、デイルとラティナの甘々な物語を

ニヤニヤしつつ楽しんで見て下さい。

 

ほぼ完結済の原作の小説はこちら!

 

*アニメはU-NEXTで独占配信中

U-NEXT 「アニメ:うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。」作品ページ

*本ページの情報は2019年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

「ほた。」さんの描かれるラティナが可愛すぎるマンガはこちら!

 

 

最近の投稿

注目の記事


BookLive!で快適なマンガライフを。


楽天経済圏で少しでも お得に生活。


便利な「キャッシュレス決済」を紹介。

同カテゴリの人気記事

記事のシェアはこちらから

-エンタメ
-

© 2020 れしぇぐ